研究業績リスト

2020年度
原著論文

1. Kosuke Nakamura, Naoya Iwata, Takamasa Mori: “Effects of eluted metal ions on the properties of ceramic slurry and slip-casted green bodies”, Journal of Asian Ceramic Societies, 8, 528–536 (2020)

基調講演・招待講演

1. 森 隆昌:「濃厚系スラリー中の粒子分散・凝集状態の評価」,混相流シンポジウム2020,オンライン,2020年8月21日

2. 森 隆昌:「濃厚スラリーの粒子分散状態及び充填特性の評価と湿式成形プロセスへの応用」,日本セラミックス協会第33回秋季シンポジウム,オンライン,2020年9月3日

国内学会・シンポジウム(口頭)

1.北村研太,田中勝己,森隆昌: 「リチウムリチウムイオン電池負極スラリーにおける多成分添加剤の吸着量定量と粒子集合状態・電極性能への影響」 , 化学工学会 第51 回 秋季大会, オンライン開催, 2020年9月24日

2.村上光太郎, 森隆昌,  矢部光保 (九州大学): 「汚泥の粉砕方法が固形物の粒子径およびリン酸イオン溶出挙動に及ぼす影響」 ,  化学工学会 第51 回 秋季大会, オンライン開催, 2020年9月24日

3.北村研太, 田中勝己, 森隆昌:「リチウムイオン電池負極スラリーにおける多成分添加剤の吸着量定量と粒子集合状態・電極性能への影響」 , 粉体工学会 2020年度 秋期研究発表会, 東京ビッグサイト, 2020年11月17日

国内学会・シンポジウム(ポスター)

1.北村研太, 伊関奈津美, 森隆昌: 「直流電場を利用したナノ粒子の沈降分離とその応用」 ,  化学工学会第86年会, オンライン開催, 2021年3月21日

2.越智司, 北村研太, 森隆昌: 「リチウムイオン二次電池正極スラリー中の粒子集合状態がスラリー特性と電極微構造に及ぼす影響」, 化学工学会第86年会, オンライン開催, 2021年3月22日

3.武井晃志,  北村研太, 森隆昌: 「浸透圧浸透圧測定によるナノ粒子スラリーの分散状態評価-粒子表面電位からの凝集径の推定」 , 化学化学工学会第86年会, オンライン開催, 2021年3月22日

4.望月 友斗, 北村 研太, 森 隆昌: 「高分子吸着量及び金属イオンの溶出がスラリーの分散状態の経時変化及び成形体密度に及ぼす影響」 , 日本セラミックス協会 2021 年年会, オンライン開催, 2021年3月23日

2019年度版はこちら
2018年度版はこちら
2017年度版はこちら
2016年度版はこちら
2015年度版はこちら
2014年度版はこちら
2013年度版はこちら
2012年以前はこちら