本文へスキップ

新しい視点でスラリーを研究する MORI Lab.

トピックスtopics

研究室関連の主な出来事

2017年7月31日    The 7th Asian Particle Technology Symposiumにて,修士1名がポスター発表を行いました。
・M2 岩田 尚也   「Effect of Dispersion State on Properties of Sprayed Coating for
            Suspension Spraying」
                                                  要旨ポスター
2017年5月27日
    分離技術会年会2017にて,修士1名がポスター発表を行いました。
・M2 永島 弘尭    「直流電場による粒子凝集効果とボイコット効果による液中微粒子のケミカルフリー分離装
             置の開発」                            要旨ポスター
2017年5月18日
    9th Asian Coating Workshopにて,修士2名がポスター発表を行いました。
・M2 岩田 尚也    「Effect of Dispersant and Binder Additive Dosage on the Crack Formation in
             Graphite Green Sheets」                      要旨ポスター
・M1 山田 咲織    「Influence of Slurry Properties on Coatings of Fine Particles on Porous Substrates」
                                               要旨ポスター
2017年3月6-8日   
化学工学会第82年会にて,修士1名がポスター発表を行いました。
・M1 永島 弘尭    「直流電場による液中微粒子の凝集に及ぼす粒子材質およびスラリー条件の影響」
                                               要旨ポスター
2016年12月20日   
研究成果展開事業(研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP))に採択されました。
            http://www.jst.go.jp/pr/info/info1237/index.html
2016年12月 8日
    第22回流動化・粒子プロセッシングシンポジウムにて,修士4名がポスター発表を行いました。
・M2 北川 陸    「微量添加物がスラリー特性経時変化に及ぼす影響」           要旨ポスター
・M2 森 智紀    「浸透圧測定法によるナノ粒子スラリーの分散・凝集状態の評価」     要旨ポスター
・M2 森山 将平    「触媒粒子及びアイオノマーの分散状態が固体高分子形燃料電池の発電性能に及ぼす影響」
                                               要旨ポスター
・M1 岩田尚也    「サスペンション溶射における粒子分散・凝集状態が溶射皮膜特性に及ぼす影響」
                                               要旨ポスター
2016年11月29日   粉体工学会秋季研究発表会にて,修士1名がポスター発表を行いました。
・M2 森山将平    「触媒粒子及びアイオノマーの分散状態がPEFC性能に及ぼす影響」      要旨ポスター
2016年 5月27,28日
  分離技術会年会2016にて, 修士2名がポスター発表を行いました。 
・M1 熊谷裕貴    「粒子への高分子吸着量測定のための新規サンプリング方法の開発」    要旨ポスター
・M1 永島弘尭    「直流電場を利用した液中微粒子の凝集・分離・回収技術の開発」     要旨ポスター
2016年 4月 1日     岸 倫人さん(日産自動車株式会社)が社会人ドクターとして森研究室メンバーに
             加わりました。
2016年 4月 1日
   「温度応答性スラリーの可逆的な分散・凝集制御を利用した新規海水淡水化技術の開発」
             が科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究)に採択されました。
2016年 3月13~15日 化学工学会第81年会(関西大学)にて,修士4名,学部生1名がポスター発表を行いました。
・M2 北村研太    「刺激応答性スラリーを用いた再利用可能なドロー溶液の開発」      要旨ポスター
・M2 江良勇亮    「直流電場を利用した粒子凝集技術の開発~凝集における粒子材質の影響~」要旨ポスター
・M1 森山将平    「PEFCにおけるアイオノマー吸着量が電極触媒構造に及ぼす影響」   要旨ポスター
・M1 森 智紀    「浸透圧測定によるナノ粒子スラリーの分散・凝集状態の評価」      要旨ポスター
・B4 永島弘尭    「電場による液中微粒子の造粒に及ぼす電場印加条件の影響」       要旨ポスター
2016年 1月20日   書籍「基礎スラリー工学(椿淳一郎,森隆昌,佐藤根大士 著)」が出版されました。
            http://pub.maruzen.co.jp/book_magazine/news_event/2016/108999.html
2015年1030日 
 森先生がJST推薦新技術説明会にて講演されました。
           連続・大量処理が可能な電場を利用したケミカルフリー粒子凝集技術の開発」
2015年10月24日
   2015年度合同芋煮会に参加しました。
2015年10月20日    B4の岩田尚也君が化学工学技士(基礎)の試験に合格しました。
2015年10月15日    森先生が10月15日に開催されたAPPIE産学官連携フェア2015において
            ベストシーズ賞を受賞されました
2015年10月 1日 
  「微粒子の新規濡れ性評価技術及び装置の開発」がJSTマッチングプランナープログラム
             探索試験(平成27年度)に採択されました。
2015年 9月24日 
   3年生歓迎会を行いました。
2015年 9月18日   森先生が The 6th Asian Particle Technology Symposium (APT2015, Seoul) にて
             研究発表を行いました。
            「Comparison of Apparent Viscosity of Various Suspensions by Using Viscome」
2015年 9月4,5日 
  栃木県日光市に講座旅行に行きました。
2015年 9月1,2,3日 
 2015年度法政大学大学院スラリー工学研究所主催
            「スラリーに関する実験講習付きセミナー」を開催しました。
2015年 8月27,28日 
イノベーション・ジャパン2015(東京ビックサイト)に出展しました。
             出展タイトルは「スラリー評価&制御に関するお困り事はスラリー工学研究所へ」で,
             27日には同タイトルでプレゼンテーションも行いました。
2015年 8月 8日 
   オープンキャンパスで研究室公開を行いました。
2015年 7月28日
    3年生7名が森研究室に配属されました。
2015年 5月29,30日 
分離技術会 年会 2015にて、森先生が口頭発表、
             M2江良勇亮君とM1森智紀君がポスター発表を行いました。
2015年 4月 4日    小金井公園にて花見をしました。
2015年 4月 2日
    研究課題「場の制御によるケミカルフリーな微粒子分離技術の体系化と高度分離プロセスへの
            応用」が科学研究費助成事業 基盤研究(B)に採択されました。
2015年 4月 1日    新年度を迎えました。B7名, M6名の新体制となります。
2015年 3月19~21日 化学工学会第80年会にてポスター発表を行いました。
2015年 3月 4日    森先生が分離技術会主催の第4回実用固液分離技術講習会で講師として講演「スラリー中の
             粒子集合状態評価」をされました。
2015年 3月 1日    研究課題「旋回流濾過における分離限界粒子径の推定と微粉吸着材の超高効率利用に関する
             研究」が向科学技術振興財団平成26年度研究助成に採択されました。
2015年 2月 1日    研究課題「全スラリー対応型浸透圧測定装置の開発と液中ナノ粒子分散・凝集状態評価手法の
            確立」がA-STEP平成26年度第2回公募FSステージ シーズ顕在化タイプに採択されました。
2015年 1月28日   森先生が平成26年度第2回計装測定分科会で基調講演「スラリーの沈降静水圧・浸透圧測定
            による粒子集合状態評価」をされました。
2014年12月18日    忘年会を行いました。
2014年12月 8日   課題研究「連続・大量処理が可能な電場を利用したケミカルフリー粒子凝集技術の開発」が
            平成26年度第2回「研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)探索タイプ」に
            採択されました。
2014年11月26~28日
粉体工学会秋季大会にてM1江良勇亮君がポスター発表を行いました。
            スラリー工学研究所が国際粉体工業展東京2014に出展しました。
2014年11月22,23日 M2北村研太君, 中村優佑君, M1江良勇亮君, 村松卓也君が化学工学会新潟大会2014にて
            ポスター発表し, M2北村研太君が奨励賞, M1江良勇亮君が学生賞(特別賞)を受賞しました。
2014年10月29日    森先生が粉体工業技術協会の第1回ベストシーズ講演会にて「電場を利用して凝集剤フリーで
            粒子を凝集」について講演されました。
2014年10月15日    森先生が(株)情報機構セミナーにて「スラリーの特性評価と調製、制御技術」について
            講演されました。講師割引案内
2014年10月 4日   2014年度合同芋煮会に参加しました。
2014年10月 3日
   森先生が粉体の機械的単位操作に関する参加型講演会で招待講演「粒子分散系スラリーの
            分散・凝集状態評価」をされました。
2014年 9月18日   3年生歓迎会を行いました。
2014年 9月12,13日  那須に講座旅行に行きました。
2014年 8月29日   「刺激応答性ポリマーを含む疎水性微粒子スラリーを利用した正浸透による海水淡水化技術の
            開発」が公益財団法人クリタ水・環境科学振興財団の研究助成に採択されました。
2014年 8月 8日   オープンキャンパスで研究室公開を行いました。
2014年 8月 6日   スラリー工学研究所設立記念講演会を開催しました。
2014年 7月29日   3年生7名が応用化学セミナーで森研に配属されました。
2014年 4月 1日   スラリー工学研究所を設立しました。
2013年 5月24日   森先生がホソカワ粉体工学振興財団の研究奨励賞を受賞されました。
2013年 5月24日   オープンキャンパスで研究室公開を行いました。
2013年 5月24日   M1北村研太君が化学工学会盛岡大会でポスター発表し, 学生賞(奨励賞)を受賞しました。
2013年 5月24日   森先生が粉体操作に関わる諸現象に関する勉強会で依頼講演を行いました。
2013年 5月24日   3年生10名が応用化学セミナーで森研に配属されました。
2013年 5月24日   前期終了飲み会を開催しました。
2013年 5月24日   M1北村研太君が分離技術学会2013年年会・研究発表会にて研究発表を行いました。
2013年 5月21日   森先生が粉体工学会2013年度春期研究発表会にて第7回粉体工学情報センター助成研究講演を
            行いました。
2013年 5月17日   兵庫県立大学の佐藤根先生,名古屋大学の木口先生お迎えして環境粉体工学セミナー&
            懇親会を開催しました。
2013年 4月25日   卒論・修論のテーマが決定しました。
2013年 4月19日   研究室の引っ越しをしました。終了後にたこ焼きパーティーを開催しました。
2013年 4月 1日   環境粉体工学実験室(森研究室)がスタートしました。

法政大学生命科学部環境応用化学科森研究室

〒184-8584
東京都小金井市梶野町3-7-2

TEL 042-387-6142

1

kouzagasshuku2014.htmlへのリンク