本文へスキップ

新しい視点でスラリーを研究する MORI Lab.

研究内容research

ナノ粒子スラリーの分散・凝集状態評価および制御

液中でのナノ粒子分散・凝集状態を定量評価できる安価で簡便な装置を開発しています。ナノ粒子スラリーの浸透圧が粒子分散・凝集状態と良い相関があることを利用し、浸透圧測定によってナノ粒子スラリーを評価します。その他にも、回転粘度計による流動特性の評価やゼータ電位測定、分散剤の吸着量測定を併用し、多角的にナノ粒子スラリーを分析、実際の材料プロセスに役立つ知見や評価指針の確立に取り組んでいます。詳細はこちら


スラリー評価と塗布・乾燥後に形成される膜微構造の相関

スラリーを塗布・乾燥し、塗膜形成するプロセスの最適化に取り組んでいます。我々が開発した沈降静水圧測定法をはじめとする様々な手法でスラリーを評価し、塗布・乾燥プロセスに適したスラリーとはどういうものかを検討しています。同時に塗膜の乾燥過程を観察し、乾燥欠陥の生成メカニズムおよびその抑制方法についても検討しています。
詳しくはこちら


直流電場を利用した液中でのケミカルフリー造粒技術の開発

凝集剤を使用しないで、ケミカルフリーで液中の微粒子を造粒(凝集)させる手法を開発しています。低電圧の直流電場をスラリーに効果的に作用させることで粒子を凝集させます。粒子凝集効果に及ぼす電場の諸条件の影響を明らかにするとともに、粒子の種類や粒子が分散している液の物性による影響についても検討しています。本技術の適用範囲を明らかにし、処理量の向上に取り組むことで、実プロセスへの導入可能性を探っていきたいと考えています。
詳細はこちら


濃厚微粒子スラリーの浸透圧発生機構の解明と正浸透への応用

濃厚微粒子スラリーの浸透圧発生機構の解明を行っています。様々な条件で調製したスラリーの浸透圧を系統的に測定し、浸透圧に影響を及ぼす因子の解明を試みています。また、スラリーの浸透圧を生かして、正浸透による海水淡水化への応用などについても検討しています。


法政大学生命科学部環境応用化学科森研究室

〒184-8584
東京都小金井市梶野町3-7-2

TEL 042-387-6142

chemicalfree.htmlへのリンク

hystap.htmlへのリンク