本文へスキップ

新しい視点でスラリーを研究する MORI Lab.

研究業績PUBLICATION


2015年

<論文(査読あり)>

1.H. Satone, M. Morita, T. Kiguchi, J. Tsubaki, T. Mori"Effect of Surface Roughness of Filter Media on Filtration Flux", Engineering and technology2(6), pp. 345-351 (2015)

<論文(その他)>
1.森 隆昌,「液中微粒子分散・凝集状態の直接観察」,分離技術,45(4), 16-21 (2015)

2.森 隆昌,分担執筆「粉体・微粒子分析テクニック事例集」情報技術協会,pp.142-151 (2015)

< 学会>
1.1月28日 森隆昌,基調講演「スラリーの沈降静水圧・浸透圧測定による粒子集合状態評価」,
平成26年度第2回計装測定分科会(東京)

2.3月30日 T. Mori and K. Kitamura, " Adsorption Behavior of Polyelectrolyte onto Hydrophobic and Hydrophilic Surface", 7th International Symposium on Advanced Plasma Science and Its Applications for Nitrides and Nanomaterials, ISPlasma2015 (Nagoya, Japan)

3.9月18日 T. Mori, " Comparison of Apparent Viscosity of Various Suspensions by Using Viscometers with Different Measurement Principle", The 6th Asian Particle Technology Symposium(APT2015, Seoul)

4.10月13日 森隆昌「連続・大量処理が可能な電場を利用したケミカルフリー粒子凝集技術の開発」
JST推薦新技術説明会

法政大学生命科学部環境応用化学科森研究室

〒184-8584
東京都小金井市梶野町3-7-2

TEL 042-387-6142